人事部のトラブルは労務管理システムの導入によって解決できる!

ハートマークと女性

効率化によって業務時間を短縮できる人事労務管理システム

労務管理と人事に関連した業務では、様々な種類の書類が作成され、承認や決済に回されます。多くの企業では、この業務を紙ベースで実施していますが、社員の数が多い場合、全ての手順を紙ベースで処理すると、膨大な作業と時間を費やすことになります。紙ベースでの処理は、紙という消耗品コストがかかる上に、確認、承認、決裁といった作業を、実際の記入済み文書が手元に届くまで先に進めることが出来ません。拠点が多い会社の場合、承認・決済権限を持つ社員がいる事業所と申請者がいる事業所との間を文書が行き来する時間が必要となりますが、このお陰で、手続きの締め切りに間に合わないといったトラブルも起こりがちです。
こうした問題は、人事労務管理システムを導入することで解決可能です。人事・労務管理に関連した手続きは、一括してシステム内で処理するため、社員や承認者・決済者がどの事業所にいようと、無関係に処理を先に進めることができます。書類ベースで手続きを行うことに伴う印刷、捺印、写しの作成、保管という作業が一切不要になるので、手続きは簡素化されますし、時短も実現できます。
人事・労務管理業務の大幅な効率化を達成できるツール、人事労務管理システム。是非、積極的に導入を検討してみてはいかがでしょう。

労務管理をもれなく正確にこなします!

人事が携わってきた複雑な労務管理は多岐にわたりまた、手作業で行う、従業員の勤怠や給与計算などを取り上げても細かい計算を含むため計算ミスなどで同じ作業を繰り返すという事態が発生し効率が悪く作業能率も低下し、従業員の疲労も見られましたが、そんな複雑な煩わしい計算も人事労務管理システムを導入する事で一気に解決です。スムーズに労務管理作業を効率よく進められまた、記入漏れや計算書や書類作成においても正確で無駄なく作業の効率化がはかれます。
また、給与計算、社会保険の加入、年末調整などの共通する情報などは、データベース化されているのでミスがなくなり自動の書類作成ができ大変便利ですし、社員の個人情報も最新のセキュリティ対策で強化されているので安心です。人事では、人材を採用するという採用業務もこなし業務事態が複雑で担当者の負担が大きく本業がおざなりになってしまうという状況の課題解決のためにも人事労務管理システムの人事採用のシステムに応募者の氏名、住所などの基本情報や選考、面接日などの採用活動などの詳細なデータ管理ができ、採用に関するあらゆる情報や業務をまとめて管理できるシステムを使うことで人事の担当者の業務の効率化をはかれ、負担を軽減するメリットがあります。このように全てにおいて利便性があり優れた労務管理ができる人事労務管理システムを導入しましょう!

人事労務管理システムを導入して業務の効率化を図る

労務管理と一口に言っても、その内容は様々です。勤怠管理や給与の計算、新入社員、中途採用の情報管理、入退社の記録、社員の福利厚生など、そのすべてをひとつの部署で管理するのは非常に負担がかかります。こういった業務の効率化を図るために、人事労務管理システムを導入するという方法があります。
人事労務管理システムとは、人事、労務の情報管理、書類作成などをこなすシステムで、労務管理や給与計算などの複雑で手間のかかる作業を任せ業務の効率化を図ることができる優れものです。その最大のメリットは"労務管理に割いていた人員の削減"と"ペーパーレスのデータ管理"でしょう。特にベンチャー企業や中小企業の場合、この複雑で人手のいる業務に人手を割いていると大切な本筋の業務が疎かになる可能性があります。その分の人員が削減できれば、業務の効率化に繋がり、業績アップを目指すことができるのです。
また、この大量の情報を紙媒体で保管するのは、管理が大変ですし万一にも無くなってしまったら大事です。クラウド上で情報を管理すれば、無くなることも消えることもありませんし非常に効率的に管理をすることができます。人事労務管理システムを導入して、業績アップを目指しましょう。


【ダイレクトHR】の人事と労務を効率的に管理するシステムは導入済みですか?変更や申請がこのシステム1つでできるからとても便利です!安全性便利性保管性など多様な面で優れたシステムをぜひ使いましょう!

大量の書類

MENU LIST

人件費の過去統計から今後のシミュレーションまで可能なシステム!

人事や労務管理を行う部門において、業務上で給与計算や所得税、源泉所得税を計算するだけではありません。企業活動を行う上では、中長期的な事業計画を立案したり、3ヶ月など短期的な損益計画を行う必要があります。その際に重要となるのが、人件費計画であり、人事労務管理システムを導入することでスピーディーに対応することができます。中長期的な計画においては、人事評価により給与がアップすることを過去の…

人事労務部門の労務費削減に人事労務管理システムを導入しよう!

企業活動を行う上で、人事や労務といった管理部門は必要不可欠です。しかし、人事や労務部門の人件費や各種経費の負担は、各事業部門が行っていることはご存知でしょうか?製造メーカーが製造工程において原価低減や効率化を図っても、人事労務部門が管理業務に費用を費やすと経常利益が少なくなります。そこで、人事労務部門のコスト低減を図るのであれば、人事労務管理システムを導入しましょう。人事労務管理シス…

人事労務管理システムの導入で業務効率化がはかれる

社員の人数が多くなればなるほど、労務管理はどんどん煩雑になってきます。特に最近は、人手不足ということもあり、裏方的な人事や労務管理に人を増やしてはもらえない企業も多いのではないでしょうか。さらに、人事ともなると、採用活動や新人研修など年に数回は繁忙期があるため、そうそう労務に時間を割くことも難しいでしょう。実は、未だに紙ベースで休暇申請や通勤手当の管理をやっている会社も多いのですが、…

パワハラ対策にも労務人事管理システムの導入を

社員もバイトも、実際に直接作業に関係してる人達はあまり実感していないかもしれませんが、間接作業である人事担当と労務管理担当の部署は毎年、同じ時期になると紙面の整理とデータ入力に追われているのではないですか。今は対処できているからいいかと思っていると、人手がなくなってから人事労務管理システムを導入するのは人がいないのに誰かの手を止めて行うのでその分だけ業務がさらに滞ります。人事…

TOP