人事部のトラブルは労務管理システムの導入によって解決できる!

ハートマークと女性

人事労務部門の労務費削減に人事労務管理システムを導入しよう!

企業活動を行う上で、人事や労務といった管理部門は必要不可欠です。しかし、人事や労務部門の人件費や各種経費の負担は、各事業部門が行っていることはご存知でしょうか?製造メーカーが製造工程において原価低減や効率化を図っても、人事労務部門が管理業務に費用を費やすと経常利益が少なくなります。そこで、人事労務部門のコスト低減を図るのであれば、人事労務管理システムを導入しましょう。
人事労務管理システムを導入することで、各種申請をパソコン上行うこととなり、ペーパーレス化が図られます。健康保険の申請や年末調整の書類も社員が入力することとなり、人事労務担当者が提出された書類を確認し、入力するといった業務がなくなり、現状よりも担当者を減らすことができます。
また、業務繁忙となり時間外勤務が増え、管理費用が大幅に増加するといったことがなくなります。さらに、労務管理も各部門で申請と承認を行うこととなり、人事労務部門が確認し、妥当性を評価するといったことがなくなります。時間外費用の計算も人事労務管理システムで集計した情報を用いることができ、給与支払を行う際の計算業務を効率化することもできます。さらに、給与支払データもシステム上で計算でき、手計算によりミスが生じ、訂正や過払いとなった給与の回収業務にかかる労務コストを軽減できます。

MENU LIST

人件費の過去統計から今後のシミュレーションまで可能なシステム!

人事や労務管理を行う部門において、業務上で給与計算や所得税、源泉所得税を計算するだけではありません。企業活動を行う上では、中長期的な事業計画を立案したり、3ヶ月など短期的な損益計画を行う必要があります。その際に重要となるのが、人件費計画であり、人事労務管理システムを導入することでスピーディーに対応することができます。中長期的な計画においては、人事評価により給与がアップすることを過去の…

人事労務部門の労務費削減に人事労務管理システムを導入しよう!

企業活動を行う上で、人事や労務といった管理部門は必要不可欠です。しかし、人事や労務部門の人件費や各種経費の負担は、各事業部門が行っていることはご存知でしょうか?製造メーカーが製造工程において原価低減や効率化を図っても、人事労務部門が管理業務に費用を費やすと経常利益が少なくなります。そこで、人事労務部門のコスト低減を図るのであれば、人事労務管理システムを導入しましょう。人事労務管理シス…

人事労務管理システムの導入で業務効率化がはかれる

社員の人数が多くなればなるほど、労務管理はどんどん煩雑になってきます。特に最近は、人手不足ということもあり、裏方的な人事や労務管理に人を増やしてはもらえない企業も多いのではないでしょうか。さらに、人事ともなると、採用活動や新人研修など年に数回は繁忙期があるため、そうそう労務に時間を割くことも難しいでしょう。実は、未だに紙ベースで休暇申請や通勤手当の管理をやっている会社も多いのですが、…

パワハラ対策にも労務人事管理システムの導入を

社員もバイトも、実際に直接作業に関係してる人達はあまり実感していないかもしれませんが、間接作業である人事担当と労務管理担当の部署は毎年、同じ時期になると紙面の整理とデータ入力に追われているのではないですか。今は対処できているからいいかと思っていると、人手がなくなってから人事労務管理システムを導入するのは人がいないのに誰かの手を止めて行うのでその分だけ業務がさらに滞ります。人事…

TOP